ハンドメイドを仕事にしたいなら絶対に知らないといけないこと8選

ハンドメイドを仕事にしたいなら絶対に知らないといけないこと8選

ハンドメイドが仕事になったら良いなあ。好きなことが仕事になったら良いなあ。そんな想いでハンドメイド製作・販売を始める方は多いですよね。本記事はそんな方向けに、あらかじめ絶対に抑えてほしいことを8つお届けします。

はじめにお伝えしてしまうと、ハンドメイド作家を仕事にするのは想像以上に厳しいです。でも、一人でも多くの方に挑戦してほしい、そんな気持ちで本記事を書いています。

では、見ていきましょう。

ハンドメイドを仕事にしたいなら必要な事前知識がたくさんある理由

本題に入る前に、これだけは別枠で伝えさせてください。それは、ハンドメイド作家になる!というのは立派な起業ということです。

会社を設立するだけが起業ではございません。例え売上がゼロでも、起業は起業なのです。

そんな前提のもと、ここからが本題です。テンポよく見ていきましょう。

ハンドメイドを仕事にしたいなら絶対に知らないといけないこと8選

その1. 売れるまでは時間がかかる

まずは、よほどバックグラウンドが特殊で無い限り、ハンドメイド品が売れるようになるまでは時間がかかります。

半年、いや1年は売れないでも作り続ける気持ちで始めましょう。

その2. 売れても売上は爆伸びしない

これは、クリエイター気質の方は気付きにくいところなのであえてお伝えします。例えば、1,000円前後の作品を取り扱うとしましょう。この価格帯で、パートプラスαくらいの、月12万円の売上を目指すと、1日4件売れれば実現です。

このくらいまでであれば、現実的な売上と作業量になります。

しかし、実は月10万円以上の実現しているハンドメイド作家さんは、数パーセント以下とも言われていますからね。

50万円、100万円など、大きな売上を上げるために始めようとしている方は、ちょっと別のビジネスをした方が賢明な判断です。

その3. 身近な方を味方につけることが大切

ここまででお伝えしているように、ハンドメイドを仕事にするのはなかなか厳しいです。だからこそ、身近な方には全力で応援してもらえるような環境を作りましょう。

ご家族、友人、職場の方など、まずは身近なファンを増やすところから始めると、継続しやすいですね。

その4. 継続がいちばんの才能ということ

みなさんの周りにもいるかもしれませんが、きほんの『き』レベルでもハンドメイドを実際に作るのには苦戦する方もいます。

その点、みなさまは秀でています。しかし、ハンドメイド販売をしている世界に飛び込んだら、あなたはどうでしょう。

急に自信がなくなってきませんか?

 

でも、大丈夫です。

ごく一部の天才を除けば、売れっ子ハンドメイド作家も地道に努力を続けてきたはずです。

まずは100作品の出品、試作も含めるも1000個くらいの作品を作る意気込みで続けるのです。

これだけやっても数十万などの売上は保証できませんが、何も結果が出ないなんてことは絶対ないはずです。

その5. 継続のモチベーションを知ることの大切さ

その3でご紹介した周囲を巻き込むというのも、モチベーションをどう維持させるかという工夫の1つです。わかりやすい例でいうと、賛否両論ありますが『お金』をモチベーションにするのはなかなか強力です。

他にも、売れなくてもSNSで褒められるのがモチベーションの方、作ること自体がモチベーション、など色々な方がいると思います。

何が良い悪いではなく、自分で自分が何がモチベーションになるのか、を知ることが大切です。

その6. 1番のファンは間違いなく自分ということ

売れなくてもモヤモヤするときもあるでしょう。でも、忘れてはならないのは自分自身が一番のファンでいることです。

自分の作品をみて、ニヤニヤできますか?

ミンネの自分のページをみて、買いたくなりますか?

Instagramの自分の投稿に、いいねしたくなりますか?

このくらい自分の納得で来ていなければ、さらに作品の質を磨きましょう。

自分が好きでない作品を、誰かが買ってくれるなんて確率はさらに下がりますからね。

 

いつまでも自分の作品に惚れてしまうくらいが、ちょうどいいです。

その7. 創ると売るは全く別物だということ

残念ながら、作っていれば売れるというものでもありません。ごく一部の天才を除いて、どうやって売るのかを考える必要があります。

『どう売るか』というとそんなことをしてまで売りたくない、と思う方もいますよね。実は私も思考的にはそのタイプです。

でも、こう言い換えたらどうでしょう。

『どうやったら自分の作品が好きな方に届くか考える』

少しは印象違うのではないですかね?

こんなことをやってないけど売れたよ!という方がもしかしたや周りにいるかもしれません。でも、そういう方のほとんどはこれらを無意識レベルでできているのです…。

テクニカルなことを絶対にやれと言うつもりはございません。最低限、「どうやったら自分の作品が好きな方に届くか」を意識ながら説明文を考えたり、SNSを使ったりしましょう。

その8. 努力は夢中に勝てないということ

最後に、この言葉を届けます。この言葉はビームスの創業者の言葉なのですが、何にでも当てはまることだと思います。

好きで夢中になるのでも、いくら稼ぐ!というモチベーションでも極論構いません。

せひ、夢中になってください。夢中になって続けていれば、必ず結果に繋がるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ハンドメイドを仕事にしたいなと思った方へ、どうしても伝えたかった8つのことをまとめてみました。

みなさま、夢中になって素敵なハンドメイドライフを。

では。

ハンドメイドの「売り方」カテゴリの最新記事