ハンドメイドでいくら稼いでる?月収5万が現実目標の理由と月収100万を目指す考え方

ハンドメイドでいくら稼いでる?月収5万が現実目標の理由と月収100万を目指す考え方

複業にも、本腰を入れた在宅ワークにも人気のハンドメイド。これから始めるけど、一体どのくらいの売上が普通なの?どのくらいを目指せば良いの?というところは気になるところですよね。

本記事はまさにそんな疑問にお答えします。

結論から言うと第一歩目の現実的な目標は5万円なのですが、その理由を解説します。そして、桁違いに売上を伸ばすために必要な考え方までお伝えします。

本記事を読めば、ご自身の具体的な目標設定ができ、どのように製作・販売をしていくかの指針を立てることができる感覚が養えます。

では、早速見ていきましょう。

売上が上がるまで継続できるが最大の壁

気軽な気持ちで始めようかな?と言う方も多いかと思うのですが、正直最初の売上を上げるまでが最も大変で辛い期間です。

半年、ないしは1年間くらいは赤字を垂れ流して作り続ける必要がありますよ。

それでも継続できるほど、ハンドメイド製作が好きですか?

イエスであれば、すぐにでも始めましょう。爆売れするかは保証できませんが、必ずある程度の売上までは伸ばすことができるはずです。

そしてその『ある程度』というのがどのくらい目安か、というところをここからご紹介していきます。

ハンドメイド販売の売上目標は月収5万が現実的な理由

冒頭で申し上げた通り、現実的な売上目標は5万円が目安です。これは、ご自身で自力で地道に製作して販売した場合の目標に目安ですね。

データでも実証!月5万円で上位◯%?!には、目安ではありますがこんなデータも公開されています。

10万円以上・・・5%
5〜10万円・・・5%
3〜5万円・・・6%
3万円未満・・・84%

5万円を達成できれば、およそ上位10%ということです。

これが理由の1つですが、もうすこし具体的になぜ5万が目安の理由を解説していきます。

シミュレーションで解説!売上5万円はどのくらい売れば良いの?

minneなどに販売されている作品を見ていると、多くの作品は1,000〜2,000円くらいのお手軽価格ですよね。

まずは2,000円で販売する場合を考えてみましょう。

50,000円 ÷ 2,000円 = 25個  

そう、月に25個売れれば月商50,000円ですね。毎日1つコンスタントに売れるような感覚ですね。毎日売れたものを1つ作り、1つの新商品の構想をする。そんな生活が月商5万円です。

あれ?これくらいいけるのでは?と思った方。甘いですよ。

もちろん商品には寄るのですが、その作品を100人見てくれて1人購入してもらえれば相当上出来だと思ってください。

この数値を目安に、minneやCreemaでの販売を始めて、アクセス解析を見てみてください。作品数も少なく、始めの方は1日のアクセスがゼロなんてこともざらにありますからね。

まずは5万を当面の目標に、全く売れない時期も根気よく乗り越えていきましょう。それくらいの意気込みがあれば、5万円は届く範囲ですよ。

minne公式HPで作家登録はこちらから→  minne

ハンドメイド作家が桁違いに稼ぐために必要な考え方

ここまでご説明したように、まずは月5万円が現実的な目標です。

簡単に計算すると、単価が4000円になれば10万円、さらに1日2つ売れれば20万円となりますよね。

このくらいまではある程度の可能性は見えてきます。ですが、正社員で働いている方の初任給くらいですよね。

(経費が10%くらいと仮定しても、所得18万円)

そう、稼げるサラリーマンくらい、ないしは桁違いにハンドメイドで稼ぐのはなかなか難しいミッションなのです。

では、どうすれば100万円など、桁違いに稼げる可能性が出てくるのでしょうか。

実はその考え方は、私の知る限り以下のような2つがあります。

  1. 素材を中国などから仕入れて販売する
  2. キャラクターなどデザインを活かして稼ぐ

なぜこれらが桁違いの収益を生む可能性があるのか、わかりますでしょうか。簡単に言うと、『労働』時間を大きく削減した上で利益を出せるからです。

素材に関しては、いわゆる転売ですね。ただし、差額を確実に儲けることができます。梱包の手間もハンドメイド品に比べると簡易で良いですし、良い輸入元を見つけられれば安定的に仕入れて販売をすることができます。

キャラデザインについては、代表的なモノがスマホケースですね。デザインがあれば、実際の製作は不要なのです。発送までも委託先が行ってくれる場合もあり、手間がほとんどないんですよね。

難しいのは、その『デザイン』なのですが…  イラストやデザインが得意な方は、売上をグイッと桁を上げるほどの可能性がありますので、ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。1つのも売れずに諦めてしまうような方もいる一方、大きく売上を伸ばしている方がいるのも事実です。

粘り強く好きなことを続けて、仕事になれば素敵ですよね。

では、ステキなハンドメイドライフを。

minne公式HPで作家登録はこちらから→  minne

ハンドメイド「売上UP」のコツカテゴリの最新記事